チャイルドセラピスト講座【1期】4回目


チャイルドセラピスト講座4回目の内容

インナーチャイルドあれこれ
赤ちゃんごころとデビルベビー
赤ちゃんが泣く理由あれこれ
相手との距離感、子育て(人育て)のメリハリと優先順位
気持ちを聞きあうコミュニケーション法



この講座はチャイルドセラピスト講座という名前なので
子どものための講座かな?

と思われる方もおられるかと思いますが
自分の中の「子ども心、インナーチャイルド」
を癒して育て、ホンモノの大人を目指すプログラムなので
どなたでも受講可能です。

さらに受講後は、チャイルドセラピストとしての活動もできるので
お仕事に活かしたい方にも本当におすすめです


この記事を書いているわたしは2歳、7歳の子の子育てをしながら、チャイルドセラピストとしてインナーチャイルド、バーストラウマを癒し、人間関係の根っこにフォーカスした発信と、悩めるママをはじめ、家族関係、パートナーシップをより良いものにしたい方へ向けての講座やセッションを通してサポートさせていただいています。



インナーチャイルドのパターンを知る


この回では、様々なチャイルドたちが登場します。

そうすると、どれだけ私たちのチャイルドは依存的でわがままだったのかを知り、
はじめはホントに愕然とします、、


と同時に、
こんなに傷ついてたのか、、
こんなにわがままだったんだ、、と
知ることにもなります。




たとえば、、
千と千尋の神隠しに出てくる
あの坊、、

はじめは、泣いちゃうぞ~!
と言ってみんなを困らせるのですが
千尋と旅に出ることで、いろいろ学び、
最後は成長した坊になっていますよね。


あの坊が、あのまま更生せずそのまま大人になったら
どうなっていると思いますか?


きっと、
いつまでも体は大人、心は赤ちゃんのまま

親に、
恋人に、
奥さんに、、

そして会社に、
子どもにも、、

ずーっと
世話しろー!いうこと聞けー!

と依存とわがまま全開で
問題をつくり、
まわりまで巻き込んでしまいますね、、。


それは、いやですよね、、


この坊のように、どうやって自分の依存やわがままを
癒して、しつけて、成長させていくかを学んでいくのかが
この回なんですよ。



あの暴れん坊の坊だって
本当は傷ついてる
しっかり寄り添うことの大切さについてもお伝えしています。

自分、生徒、そして子どもを育てていくときの実践的な方法

この回の、
相手との距離感や、ほめ方、叱り方、遊び方、愛の伝え方
ここさえ押さえておけば、あちこちから情報収集しなくてももう大丈夫
と思える深い内容です。


ただこうしましょう!
というのではなく


なぜ、このやりかたをしたほうがいいのか?
をしっかり理解しながら進むので
本当に深いんです。

受講生様の変化


今回、4回目にして
なんと、3、4ヶ月ぐらい前までは
もう一人お子さんが欲しい
とおっしゃっていた受講生様、、

1人目はなかなか授からず時間がかかったと
いうことだったのですが、、

なんと、めでたくお腹に赤ちゃんがきてくれたという
本当にうれしいご報告を頂きました!!

そして、とてもあったかい気持ちになりました


この講座が、さらに役立ってくれるといいなあと思っています

また、回を重ねるごとに変化していかれる受講生様に
刺激を受けながら、私も次回全力で!!。


チャイルドセラピスト講座が気になる!という方は随時
無料相談を受け付け中です

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA